個人再生

個人再生を行うことであなたは借金生活から脱出できます。

個人再生を行うことであなたは借金中心の生活から脱出できます。
家族に内緒で借金を整理しましょう。
⇒まずはメールで無料相談から。

個人再生によって借金はどのくらい減るのか?

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

個人再生によって減る借金

 

個人再生の大きな特徴は、自分の財産の処分なく借金を圧縮できる点にあります。
自己破産のように自宅を失うことはありません。

 

 

 

一方的に借主である債務者に有利で、以後の借金が5年ほどできなくなる
ブラックリスト入りした状態にはなりますが、
借金の圧縮と財産の保護を同時に実現した制度です。

 

 

 

個人再生で住宅が守れるのは、手続きのなかに住宅ローン特則という制度があるためで、
これを利用することによって、自宅を所有したまま、
他の借金を減らすことができるようになっています。

 

 

 

ただし、住宅ローンは減額できません。債務の圧縮は、
法的には債務の一部免責という扱いになっています。
個人再生では債務の一部が免責され、支払の義務がなくなります。

 

支払能力があることが条件

 

一般によく利用されている小規模個人再生の場合には、
総債務額の5分の1程度にまで小さくなります。借金の総額が100万円以下であれば、
その100万円を返済することが求められるケースが多くあります。

 

 

 

逆に、100万円以上であれば、おおよそ100万円程度にまで圧縮します。
たとえば住宅ローンを除いた借金が400万円なら、5で割ると80万円になりますが、
債権者に納得してもらうために100万円の返済計画を立てます。

 

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

また、債務総額がたとえば800万円なら、5で割ると160万円になります。
この場合には、60万円のカットをしてもらい、100万円になるように求めていきます。

 

 

 

個人再生では、支払能力があることが条件となります。
客観的に見て支払能力があり、安定した収入がある人には個人再生が適用されます。

 

 

 

>>>個人再生をするメリットは?

借金で悩むあなたに朗報です。

債務整理借金整理でお悩みのあなたへ。

諦めないで。必ず借金の解決手段はあります。
借金返済のプロに無料で相談する。