個人再生

個人再生を行うことであなたは借金生活から脱出できます。

個人再生を行うことであなたは借金中心の生活から脱出できます。
家族に内緒で借金を整理しましょう。
⇒まずはメールで無料相談から。

個人再生では生命保険の解約の必要はない

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

生命保険の解約は?

 

個人再生の大きなメリットとして、財産の処分が必要ないということが挙げられます。
そのため、生命保険の解約をする必要がありません。生命保険には解約返戻金のあるもの、
また個人年金になっているものなどがありますが、これは財産として取り扱われます。

 

 

 

自己破産では、財産の処分が必要で、住宅を手放したり生命保険の解約が必要ですが、
個人再生では再生計画案の承認だけで済みます。ただし、
加入している保険はすべて財産目録に記載し、裁判所に申告しなければなりません。

 

 

 

日本の生命保険の多くが、解約返戻金付きのものです。
解約だけでなく、満期で返戻金があったり、また積立型の年金になったりしているものが多くあります。
このため、生命保険は財産とみなされます。

 

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

銀行に預金残高があるのと同じような扱いと考えていいでしょう。
また、退職金もいずれ本人に支払われるお金であるため、
見込額を財産として計上する必要があります。

 

 

 

いずれの場合も、財産目録として裁判所に提出する書類に記載するために必要であって、
実際に解約したり退職したりする必要はありません。

 

掛け捨て生命保険

 

なお、生命保険にはいわゆる「掛け捨て」と呼ばれるものがあり、これについては財産となりません。
掛け捨て生命保険は保険料を支払っている期間だけ保障が受けられるタイプのもので、
貯蓄性はないからです。

 

 

 

掛け捨て生命保険は保険料が安い代わりに解約しても1円も返戻金がありません。
財産として計上されるのは、あくまでも貯蓄型の生命保険です。

 

 

 

>>>個人再生で利用できる住宅ローン特別条項とは?

借金で悩むあなたに朗報です。

債務整理借金整理でお悩みのあなたへ。

諦めないで。必ず借金の解決手段はあります。
借金返済のプロに無料で相談する。