個人再生

個人再生を行うことであなたは借金生活から脱出できます。

個人再生を行うことであなたは借金中心の生活から脱出できます。
家族に内緒で借金を整理しましょう。
⇒まずはメールで無料相談から。

個人再生にもデメリットはあります

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

個人再生のデメリット

 

借金のトラブルを解決する法的な手段には債務整理などがありますが、
個人再生では借金の大幅な減額とともに、
自己保有の財産を守ることができるというメリットがあります。

 

 

 

自己破産のように自宅を手放す必要はありません。
借金の理由は問わないという点でもメリットと言えます。

 

借金の返済義務の放棄をしない

 

ただ、個人再生にもデメリットがあります。個人再生では、基本的に3年間の再生計画を立てて、
それに従って返済を行っていきますが、返済の遅延などは許されません。
返済計画通りにしっかり返済していく必要があります。

 

 

 

失敗した場合には、債務者からの取立てなどにあう恐れがあり、
最悪の場合には訴訟にまで発展する可能性があります。

 

 

 

個人再生は、借金の返済義務の放棄をしないことで、
貸主である債務者に納得してもらったうえで再生計画に同意してもらうもので、
一種の契約であり、それに一方的に違反することは問題があります。

 

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

また、個人再生を行うと、官報という政府発行の機関紙に名前が掲載されます。
個人名と住所が個人再生を行った人として掲載されることになります。

 

 

 

ただ、官報を常に読んでいる人は非常にまれであるため、
周囲に発覚する可能性は非常に低いでしょう。
個人再生の大きなデメリットとして、個人信用情報機関にネガティブ情報が掲載されます。

 

 

 

いわゆるブラックリスト入りしたことになります。
基本的に5年間、クレジットカードは新たに作れませんし、ローンを組むこともできません。
今まで所有していたクレジットカードも多くが使用不可能になります。

 

 

 

>>>個人再生では個人保有の財産についての調査がある

借金で悩むあなたに朗報です。

債務整理借金整理でお悩みのあなたへ。

諦めないで。必ず借金の解決手段はあります。
借金返済のプロに無料で相談する。