個人再生

個人再生を行うことであなたは借金生活から脱出できます。

個人再生を行うことであなたは借金中心の生活から脱出できます。
家族に内緒で借金を整理しましょう。
⇒まずはメールで無料相談から。

個人再生で返済中に不測の事態が起こった場合は?

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

返済中に不測の事態

 

個人再生は、債権者に対して借主である債務者が再生計画を提出して
裁判所を通じて和解を得ることで開始されます。通常、100万円ほどまで借金を圧縮して、
それを3年ほどかけて返済していきます。

 

 

 

自己破産と違って、返済義務は残ります。破産してすべての借金を免除する
ということはしないという条件で納得してもらうというのが、個人再生です。

 

 

 

この決定が下りて計画通りに返済をしていても、
途中で何らかの事由で返済が困難になるケースもあり、
こういった場合には救済手段があります。

 

救済手段を講じる必要があると判断されるケース

 

救済手段を講じる必要があると判断されるケースとして、
たとえば病気などの長期入院などがあって再就職が困難であるなどの不可抗力で
返済不能になった場合や、返済総額のうち4分の3程度までは返済したが、

 

 

 

給与の減額などが理由で収入が減少し、それ以上は困難である場合などがあります。
こうなった場合には、弁護士や司法書士などに相談に行きましょう。

 

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

再生計画は、最大で2年間延長が可能です。さらに、再生計画は延長したが、
計画通りに返済することが困難であるとき、ハードシップ免責という免責を受けることもできます。
ハードシップ免責の決定が下りると、その後の返済義務が消滅します。

 

 

 

ただ、計画で定めた返済額のうち4分の3以上は返済していることや、
返済不能になった原因が債務者本人でないことが条件で、

 

 

 

自然災害や家族の病気の介護などの場合です。
また、ハードシップ免責をしても債権者の一般的な利益に反しないことも条件です。

 

 

 

>>>個人再生はこういう人に向いている

借金で悩むあなたに朗報です。

債務整理借金整理でお悩みのあなたへ。

諦めないで。必ず借金の解決手段はあります。
借金返済のプロに無料で相談する。