個人再生

個人再生を行うことであなたは借金生活から脱出できます。

個人再生を行うことであなたは借金中心の生活から脱出できます。
家族に内緒で借金を整理しましょう。
⇒まずはメールで無料相談から。

個人再生の計画案とは?

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

個人再生の計画案

 

借金の整理の方法として活用される個人再生という手段は、一定の収入があり、
保有の財産を守りながら借金の減額を行うものです。

 

 

 

主に法律の専門家に依頼して、裁判所に介入してもらって債権者に対して
和解案を提案することになります。このとき、減額された借金をどのように返していくのか
記載した再生計画案を立案することになっています。

 

 

 

計画案の作成のため、まずは利息の引き直し計算をします。
利息制限法を超える利率で貸し出されていた払い過ぎの分は、
借金の元金に充当され、そこから借金額を確定させます。

 

個人再生,債務整理,自己破産,借金,問題

 

次に具体的な返済プランを立てます。債務者の財務状況に応じて
毎月いくらのお金を何ヵ月にわたって返済するのか明確にし、
裁判所を通じて債権者の了承を得ます。

 

 

 

債務者に不服のあるときには、ここで調整が行われます。こうしたまとめた再生計画案は、
裁判所によって厳正な審査を受け、内容に問題がなければ、
債権者を集めて直接意見を聴き取り、書面によって決議するかどうか決定します。

 

債権者集会

 

債権者の意見を聴くために、債権者集会が開かれることもあります。
債権者集会では再生計画案に対する決議が行われます。

 

 

 

債権者の全員賛成がなくても可決ができ、議決権を持つ債権者の過半数があれば、
債権総額の2分の1以上の賛成数で可決できることになっています。

 

 

 

利用者にとって個人再生が一方的に有利と言われるのは、
この可決制度があるからと言われています。

 

 

 

計画案が可決されると裁判所は正式な認可を下し、再生者は計画に基づき遂行することになります。
一般的に、法律家が受任してから約6ヵ月ほどが必要とされています。

 

 

 

>>>個人再生を円滑に行うには書類の整理が必要

借金で悩むあなたに朗報です。

債務整理借金整理でお悩みのあなたへ。

諦めないで。必ず借金の解決手段はあります。
借金返済のプロに無料で相談する。